ポンペオ米国務長官、北との協議で「拉致問題取り上げた」安倍晋三首相と会談

 安倍晋三首相は8日、ポンペオ米国務長官と首相官邸で会談し、6、7両日に北朝鮮を訪問していたポンペオ氏から北朝鮮の非核化に向けた米朝の交渉状況などについて説明を受けた。ポンペオ氏は「核、拉致問題、そして日米そのほか世界にとって、重要なあらゆる問題を取り上げた」と述べた。両者は拉致問題の早期解決に向けて日米で協力していくことを確認した。

 両者はまた、北朝鮮の全ての大量破壊兵器とあらゆる射程の弾道ミサイルの「完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄(CVID)」を目指すことを確認した。首相は「北朝鮮の核・ミサイル、拉致問題を解決することは日本にとっても、地域の平和と安定のためにも極めて重要だ」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ