西日本豪雨 安倍晋三首相、災害対応「できることは何でもする」 現地入り日程も調整へ

 菅義偉官房長官は9日の記者会見で、西日本豪雨対応のため、安倍晋三首相が11~18日に予定していたベルギー、フランス、サウジアラビア、エジプトの4カ国訪問を取りやめると発表した。首相は同日の自民党役員会で「外遊予定を取りやめ、災害対応に全力を挙げる。とにかく人命第一、安全第一。できることは何でもするという姿勢で対応していく」と述べた。

 官邸側は9日午前に4カ国訪問の是非を検討し、被災対応に専念すべきだと判断、訪問予定国に対して訪問中止を伝えた。首相は被災地の状況を踏まえ、近く現地入りに向けて日程を調整する。

 首相は11日にベルギーで、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)署名式や、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議の関係行事に出席し、トランプ米大統領などとの対話を予定していた。菅氏は日EUのEPA署名について「引き続き早期署名を行うべく調整を進める」と述べた。

 12日にフランスで開幕する日本文化の紹介イベント「ジャポニスム2018」開会式には、河野太郎外相が出席する方向で調整している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ