西日本豪雨 予備費不足なら補正予算も 麻生太郎財務相

 麻生太郎財務相は10日の閣議後の記者会見で、西日本豪雨からの復旧に向けて、予備費が不足すれば補正予算の編成を検討する考えを示した。予備費や公共工事の災害対策費として約4200億円を確保しており、当面はそれを使って対応する。

 麻生氏は迅速な復旧に向けて「予算が付いていないということが、ないようにしないといけない」と述べた。現地からはライフラインの復旧のほか、高温が続いており、エアコンの設置要望などが上がっているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ