西日本豪雨 首相、13日に愛媛視察 気象庁と自治体の連携の在り方検討へ

 菅義偉官房長官は12日の記者会見で、安倍晋三首相が西日本豪雨で大きな被害が発生した愛媛県を13日に視察すると発表した。首相は11日に岡山県を訪問した。15日も広島県を視察する方向で調整している。

 菅氏は首相の愛媛県訪問について「被害状況を視察するとともに、被災者、被災自治体の要望をうかがう」と説明した。「豪雨による被害リスクを少しでも減らすためにどのようなことが必要か、改めて検討する必要がある」とも述べた。

 被災者の救命救助などが落ち着いた段階で、特別警報など気象庁の防災気象情報と地方自治体の避難情報との連携のあり方などについて検討を進める。

 愛媛県では気象庁の大雨特別警報が発令される前に被害が発生した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ