災害対策強化へ「防災省」創設提言へ 札幌で全国知事会議

 全国知事会議が26日、札幌市で2日間の日程で始まった。西日本豪雨など災害の続発を受け同日午前は防災対策を議論。南海トラフ巨大地震や首都直下地震をはじめとした巨大災害に備え、体制の強化が必要だとして、事前対策から復旧復興までを一元的に担う「防災省」創設を求める緊急提言を採択する予定だ。

 4月に新会長に就任した埼玉県の上田清司知事は冒頭のあいさつで「東日本大震災以降、日本は災害列島化している」と述べ、抜本的な対策が必要だと訴えた。

 緊急提言は「日本は大幅な人口減少が見込まれ、巨大災害で甚大な被害が及べば地域が消滅しかねない」と危機感を強調している。

 会議では、住宅の被災状況に応じて支援金を支給する被災者生活再建支援制度についても討議。現在は主に全壊や大規模半壊の世帯に支給しており、対象を拡大すべきかどうか話し合う。

 午後は、都市と地方の税収格差の是正が主要議題となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ