地上イージス1340億円 契約後、配備まで6年 防衛相発表

 小野寺五典防衛相は30日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」のレーダーを含む1基当たりの取得経費が1340億円になると発表した。「契約締結後、1基目の配備まで約6年間を要すると(米側から)提案された」とも述べた。防衛省で記者団に明らかにした。搭載レーダーに米ロッキード・マーチン社製の「SSR」を採用することも決定した。

 小野寺氏は「北朝鮮の脅威は変わっていない。核やミサイルの廃棄につながる動きは把握していない」と述べ、配備の必要性を強調した。

 今年3月の参院外交防衛委員会では、山本朋広防衛副大臣が「海上配備型システムと同等の調達費に、陸上の施設整備等に一般的に要する費用を足し合わせると約1千億円弱になるだろう」と答弁した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ