自民党議員のスマホ熱中症が深刻、赤坂自民亭だけじゃない

議員もスマホ中毒(西村康稔官房副長官のツイッターより。現在は削除済み)

議員もスマホ中毒(西村康稔官房副長官のツイッターより。現在は削除済み)

 無名の一般人でさえ、軽率な投稿をきっかけに炎上し、全国ニュースの騒動になってしまうSNSトラブル。もともと目立ちたがり屋の政治家の投稿が軽薄でお粗末となれば、大炎上するのもむべなるかな。

 安倍政権の“緩み”を露呈して大きな批判を浴びた西村康稔・官房副長官の西日本豪雨の夜の「赤坂自民亭」宴会写真に懲りるどころか、政治家たちのSNSの暴走と迷走に拍車がかかっている。やらかしたのは45万人のフォロワーがいる河野太郎・外相だった。

 〈こんな風に寝たそうです〉--宴会ツイート批判さめやらぬ中、訪問先のフランスで、「王の寝室」のベッドに横たわった自身の“ドヤ顔”や「金のバスタブ」などの写真をツイッターで紹介、「税金で宮殿観光か」と猛批判を浴びた。

 災害被害報道でかき消されたが、実はその間にも政治家の“お気楽ツイート”は続出していた。

 自民党国対委員長や幹事長代理を歴任した重鎮、逢沢一郎代議士は地元の岡山で大災害が起きていた7月7日、JR西日本の人気の観光列車「ベル・モンターニュ・エ・メール」の客室で名物のとやま寿司に舌鼓を打ち、〈いや、実に美味しい。素晴らしい〉とツイートして料理の写真をアップした(現在は削除)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ