豊洲市場「民間の知恵でにぎわい」 五輪「酷暑対策の必要性痛感」 小池知事就任2年インタビュー主なやりとり

 就任2年の前日となる1日に産経新聞のインタビューに応じた東京都の小池百合子知事は、豊洲市場(江東区)のにぎわい創出に向けては「民間の知恵を使いたい」とする考えを示した。また、2020年東京五輪・パラリンピックについて、「酷暑対策の必要性を痛感した」と語った。主なやりとりは以下の通り。

 --この2年で誇れること、大変だったことは

 「大変充実し、『もう2年』『まだ2年』という思いが錯綜(さくそう)する。いの一番に手がけた待機児童対策は2年間でかなり成果が出た。大変だった部分は豊洲問題。土壌汚染対策追加工事が終わり、専門家会議の評価もいただいて、農水大臣への認可手続きという段階。大変だったが(移転延期は)必要なプロセスだったと思う」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ