西日本豪雨 政府、支援策の予備費1058億円使用を閣議決定

 政府は3日、西日本豪雨の被災者の生活再建や中小企業の事業継続などに向けた支援パッケージを実行するため、平成30年度予算の予備費から1058億円を支出することを閣議決定した。菅義偉官房長官は記者会見で「被災者が希望を持って再建に取り組めるようにそれぞれの施策を速やかに実行に移していきたい」と述べた。

 パッケージには、被災した企業のグループの設備投資を支援する「グループ補助金」や、観光業の風評被害対策のための宿泊料金補助のほか、廃棄物やがれきを迅速処理する仕組みなどを盛り込んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ