西日本豪雨 中小企業支援策「ただちに実現」 安倍晋三首相が広島県視察

 安倍晋三首相は5日、西日本豪雨で甚大な被害を受けた広島県を視察し、中小企業などに対する1千億円規模の政府の支援策について「観光業の風評被害対策のため、対策を直ちに実現に移していく」と改めて表明した。応急仮設住宅の建設も「急ピッチで進める」と強調した。視察先の同県呉市で記者団に語った。

 首相の広島県視察は、先月21日に続いて2度目。首相は、東広島市のJR山陽線と県道が崩落した現場や、呉市の応急仮設住宅の建設地などを訪れた。

 4日時点で計40人の死亡が確認された坂町と呉市では、土砂災害現場で黙とうした。避難所となっている天応まちづくりセンターでは「体に気をつけて」などと被災者を激励した。

 政府は今月3日、今年度予算の予備費から1058億円を風評被害対策などに支出することを閣議決定している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ