九州新幹線長崎ルートで与党が協力要請…財政負担難色の佐賀県知事に

 九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)の与党検討委員会の山本幸三委員長は6日、佐賀県庁で山口祥義知事と面会した。山本氏は、全線フル規格かミニ新幹線方式か、採用する整備方式の検討に協力するよう要請した。フリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)導入を正式に断念したことも伝えた。

 検討委は整備方式について夏までに一定の結論を出すとしていたが、佐賀県がフル規格もミニ新幹線も財政負担が増えるとして難色を示したため、持ち越された。長崎県やJR九州はフル規格を求めている。

 面会は冒頭を除き非公開で行われた。終了後、山本氏は記者団に「佐賀県の負担を軽減するため最大限努力する」と述べた。山口知事は「提案内容に応じて考えていきたい。合意されていない追加負担には応じられない」と強調した。

 長崎ルートは佐賀県内の新鳥栖-武雄温泉間でFGTを導入する予定だったが、開発の遅れなどから断念。国土交通省の試算によると、フル規格とミニ新幹線の建設費はいずれも、FGTよりも上回るとされる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ