国民民主党代表選 「反玉木」勢力分散で混迷…立候補予定者説明会に4陣営

 国民民主党代表選(22日告示-9月4日投開票)の立候補予定者説明会が9日、党本部で開かれ、出馬の準備を進める玉木雄一郎共同代表、津村啓介元内閣府政務官ら計4人の関係者が参加した。玉木氏以外は現執行部の「対決より解決」路線を野党共闘重視路線に転換することを訴えているが、候補一本化の見通しは立たず、「反玉木」勢力が分散する混迷した状況に陥っている。

 説明会には玉木、津村両陣営のほか、今井雅人国対委員長代理、柚木道義元財務政務官の関係者が出席した。

 津村氏は説明会後、「環境整備がおおむね整ってきた」と記者団に語り、出馬の意向を事実上表明した。執行部に対しては「党勢の低迷に大きな責任を負っている。対決も解決もなされていない」と批判を重ね、立候補に必要な国会議員10人の推薦人確保に関し「自信がある」と強調した。

 玉木氏は9日、代表選への態度を10日にも正式表明すると記者団に説明した。

 津村氏は、玉木氏が主導する「対決より解決」路線によって他の野党との溝が生じ、来年夏の参院選での協力が不調に終わることを危ぶんでいる。今井氏も同様の理由から、知名度のある山井和則元厚生労働政務官らを念頭に玉木氏の対抗馬擁立を模索しているが、調整は難航している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ