立憲民主・枝野幸男代表「障害者雇用水増し解明へ国会審議を」

 立憲民主党の枝野幸男代表は19日、中央省庁が雇用する障害者数を長年水増ししていた問題をめぐり、閉会中審査開催など国会での審議が必要だとの認識を示した。堺市で記者団に「信じられないという思いだ。全貌解明に向け、国会としての緊急かつ精力的な動きが求められる」と述べた。

 枝野氏は「閉会中審査や臨時国会の召集は、与党も拒否するような話ではない」と指摘した。

 国民民主党の玉木雄一郎共同代表は京都市で記者団に「障害者行政や障害者に対する大きな裏切りだ」と述べ、省庁の対応を批判した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ