台風21号 安倍晋三首相「厳重な警戒」呼び掛け

 安倍晋三首相は3日、台風21号の接近を受けて首相官邸で開かれた非常災害対策本部会議で「広い範囲で暴風雨、河川の氾濫、土砂崩れや高潮の発生が懸念される。厳重な警戒を徹底してほしい」と述べた。

 首相は台風21号について「非常に強い勢力を維持しての上陸は25年ぶりだ」と述べ、「適切な避難行動につながるわかりやすい情報発信を行い、自治体や関係機関への注意喚起など政府一体となって対策を講じてほしい」と閣僚らに指示した。

 政府は21号の接近を受けて関係省庁災害警戒会議を開催し、官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置するなど、警戒態勢を強化した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ