「やせ我慢しない方がいい」経済同友会代表幹事も原発再稼働の必要性強調

 経済同友会の小林喜光代表幹事は14日の定例会見で、北海道地震で起きた大規模停電に関し、「マルチで電源確保を考えないといけない」とした上で、「(安全性に問題ないとされた)動かせる原発は動かした方がいい」と、原発の再稼働の必要性を強調した。

 小林氏は災害による電源喪失リスクに加え、「日本のエネルギーは大変なコストであり、やせ我慢しない(で再稼働させた)方がいい」と語った。また、「北海道は(地形的に有利な)自然エネルギーの確保でも手を打つ必要があったのではないか」と指摘した。

 原発再稼働に関しては、日本商工会議所の三村明夫会頭も7日、廃炉作業が進む東京電力福島第1原子力発電所の視察後、記者団に対し、北海道地震で「ベースロード電源としての原発の重要性が再認識された」との認識を示していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ