石破茂元幹事長、プーチン露大統領は「計算し尽くして発言」 平和条約めぐり首相を批判

 石破茂元幹事長は14日夜、ロシアのプーチン大統領が「前提条件」抜きでの平和条約締結を提案したことを「平和条約が必要だという意欲を示したのは間違いない」と述べた安倍晋三首相について「(プーチン氏は)計算し尽くしての発言であり、そういう意欲を示すために発言したというのはかなり無理がある」と批判した。千葉市内で記者団の取材に答えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ