主要野党で「次の内閣」検討を 国民民主の原口一博氏が提案 共産は歓迎

 国民民主党の原口一博国対委員長は14日、立憲民主党や共産党などの国対委員長らとの会談で、主要野党による「次の内閣」をつくるべきだと提案した。旧民主党時代の「次の内閣」に触れ「野党合同ヒアリングを深化させる意味でも検討してほしい」と求めた。

 会談後、原口氏は立民の枝野幸男代表を「次の内閣」の首相とした上で、政権構想を含め人選については立民が主導すべきだとの考えを記者団に示した。

 ただ立民幹部は「国民民主内で意思統一されたものなのか。現時点ではあり得ない」と語った。

 共産党の小池晃書記局長は取材に「野党共闘を前に進めようとの意思だ」と歓迎した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ