北海道震度7地震 政府、19日に政府調査団を派遣

 政府は18日、北海道で最大震度7を観測した地震を受け、19日に小此木八郎防災担当相を団長とする政府調査団を被害の大きかった安平(あびら)町や厚真(あつま)町などに派遣すると発表した。

 小此木氏は18日午前の記者会見で「被災の現状を自らの目で確認し、被災者や災害対応に当たっている関係者の声を直接聞き、改めて現地の課題をしっかりと把握していきたい」と述べた。

 小此木氏らは、多数の犠牲者が出た厚真町で献花をするほか、札幌市清田区の液状化現象が発生した現場などを視察する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ