苫東厚真火力1号機が再稼働 地震発生以来13日ぶり 節電要請は解除

 北海道電力は19日、6日未明の最大震度7の地震で損傷した苫(とま)東(とう)厚(あつ)真(ま)火力発電所1号機が再稼働したと発表した。18日中の再稼働を目指していたが、一部工程に想定より時間がかかり、19日にずれ込んだ。電力の供給力が上積みされたことで、経済産業省はこれまで道民に求めてきた電力需要を1割減らすための節電要請は不要になったとして解除。今後は例年のように冬に向けて「無理のない範囲での節電」を呼びかけた。

 苫東厚真が稼働するのは地震発生以来13日ぶり。北電によると、苫東厚真1号機は安定的な運転が可能な状態が確認されたため、19日午前9時に復旧した。

 出力35万キロワットの苫東厚真1号機が加わることで、道内の平均的なピーク供給力は391万キロワットに回復し、地震前日の5日のピーク需要(383万キロワット)を上回った。経産省は「他の発電所にトラブル停止などがなければ、電力需給は安定化していく」としている。

 苫東厚真には1号機のほかに、2号機(出力60万キロワット)と4号機(70万キロワット)があるが、現在も停止を余儀なくされている。北電は「引き続き、早期復旧を目指していく」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ