文科次官辞任に菅義偉官房長官「大変遺憾」 再発防止徹底求める

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は21日午前の記者会見で、文部科学省の戸谷一夫事務次官が汚職事件の責任を取って辞任し、前任の前川喜平氏と2代続けて事務方トップが不祥事により途中で辞める事態となったことについて「(人事は)任命権者の文科相が適任であると判断したものだが、結果として2代続けて辞職することになったことは大変遺憾だ」と述べた。

 その上で「同省で再発防止策を徹底し、国民の信頼回復に向けてしっかり取り組む必要がある」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ