立憲民主・枝野氏、参院選へ「自民と一騎打ちの構図を」

 立憲民主党の枝野幸男代表は6日、来夏の参院選で32ある改選1人区の対応をめぐり「自民党と一騎打ちの構図をつくる。どの野党とも最大限連携し、候補を一本化したい。必ずしも立民からの擁立にこだわらない地域は出てくる」と北海道恵庭市で記者団に語った。改選数が2人以上の複数区については、野党各党が互いに切磋琢磨(せっさたくま)して戦うべきだと改めて強調した。

 改選数3の北海道選挙区に関し「立民が2議席を取れる余地があると思うので2人立てる。他の野党の動向にかかわらず2議席を取りにいく」と述べた。立民は道議会副議長の新人勝部賢志氏の擁立を既に決めている。

 枝野氏はその後、横浜市を訪問。改選数4の神奈川選挙区でも2議席を獲得したい考えを記者団に示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ