菅官房長官、佐々淳行氏死去にコメント「危機管理という言葉知らしめた」

 菅(すが)義偉(よしひで)官房長官は10日の記者会見で、産経新聞の正論メンバーで初代内閣安全保障室長を務めた佐々(さっさ)淳行(あつゆき)氏が亡くなったことについて「危機管理のプロとして大いに活躍した。功績をしのび、ご冥福をお祈りする」と述べた。

 菅氏は「突然の訃報に大変驚いている」と話した上で「危機管理という言葉が多くの国民に知られるようになった」と佐々氏の功績をたたえた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ