連合・神津会長「将来に禍根残す憲法改正、見過ごせぬ」と首相牽制

 連合の神津里季生(こうづ・りきお)会長は11日、千葉県浦安市で開いた連合の中央委員会で、憲法改正に意欲を示す安倍晋三首相を牽制(けんせい)した。「将来に禍根を残すような憲法改正を見過ごすわけにはいかない」と語った。

 神津氏は「普通に考えるならこの数年で首相が標榜(ひょうぼう)するような憲法改正が実現することはあり得ないが、普通ではないのが現在の政権だ」と持論を述べ、「国民世論が不確かなまま、なし崩し的な国民投票に移行することを懸念しなければならない」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ