山梨知事選、現職の後藤斎氏が出馬表明

 山梨県の後藤斎知事(61)は11日、甲府市内で記者会見を開き、年明けの知事選に再選を目指し立候補することを表明した。

 後藤氏は「高齢化・人口減少、リニア中央新幹線の整備、産業構造の変化などの課題に立ち向かうため、この4年間の経験と成果を次ぎにつなげ、新しくチャレンジする行動力が必要。希望に満ちた山梨の実現に向け、引き続き知事として担う決意」と表明した。

 後藤氏は農水省出身。平成12年の衆院選に、旧民主党から初当選。当時の山梨3区、比例南関東での復活当選を含め4回の当選を果たした。27年1月の知事選に無所属で立候補し、初当選した。

 知事選には、元参院議員の米長晴信氏(52)、元衆院議員の長崎幸太郎氏(50)も立候補を表明している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ