失言連発! 鳩山氏をはじめ元首相らが言いたい放題… 屋山太郎氏「国益損なう、黙っていろ」

 「南京事件」については、歴史学者の間で諸説分かれている。

 数が問題ではないというなら、日中戦争勃発直後の1937年7月29日、北京東方・通州で日本人114人と、朝鮮人111人が、中国人保安隊に虐殺された「通州事件」についても指摘すべきだろう。

 小泉元首相は8日のBS朝日番組で、安倍晋三首相が臨時国会での提示を目指す自民党憲法改正案について、「自民党だけで来年できるわけない。与党、野党が協力しないといけない」「(来年夏の参院選は)改憲を争点にしてはいけない」と語った。

 政治評論家の屋山太郎氏は「政治家道を究めた首相経験者が、現在の首相に何か言いたければ、外には分からない手段で『念のために…』と言って、伝えるのが礼儀だ。『そうでなければ、黙っていろ!』と言いたい。福田、小泉両氏は、憲法改正で安倍首相を応援すべき立場でありながら、人ごとのように話すのは卑怯(ひきょう)だ」と嘆いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ