小泉進次郎氏が立憲民主党に“秋波” 国会改革めぐり「意見交換したい」

 超党派議連「『平成のうちに』衆議院改革実現会議」の小泉進次郎事務局長(自民党)は25日、枝野幸男代表率いる立憲民主党が会議に参加しない一方で独自の国会改革を7月に提言したことを踏まえ「多くの人に知られたいということで提言を出したと思う。会議にぜひお越しいただき、意見交換させてほしい」と“秋波”を送った。国会内で記者団に語った。

 立憲民主党が会議に参加していないのは、自民党が主導する国会改革を警戒していることが大きい。小泉氏は来年5月の改元前の国会改革実現に道筋をつけるため、野党第一党である立憲民主党との落としどころを探る構えだ。

 小泉氏は立民側の警戒感を念頭に置いてか「与野党の損得ではない領域を考えて整理している。心配するような『与党に有利なのではないか』ということではない。丁寧な説明と継続的な働きかけがこれからも大事だ」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ