岩屋防衛相「辺野古移設が唯一の現実的な解決策」 沖縄県民投票にかかわらず推進強調

 岩屋毅防衛相は26日午前の記者会見で、沖縄県議会が米軍普天間飛行場(宜野湾=ぎのわん=市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票条例案を可決したことに関し、投票結果にかかわらず辺野古移設を進めていく姿勢を示した。

 岩屋氏は県民投票について「防衛省としてコメントは控える」とした上で「辺野古への移設が唯一の現実的な解決策だという考えに変わりはない」と強調した。「普天間の危険性を除去し、返還を成し遂げるという目標のために一つ一つ前に進んでいきたい」とも述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ