日韓外相が徴用工判決で電話会談 河野外相「日韓関係の法的基盤が根本から損なわれた」

 河野太郎外相は31日午前、韓国の元徴用工をめぐる訴訟で日本企業に賠償を命じるとした韓国の最高裁判決を受け、韓国の康京和外相と電話で会談した。河野氏は「日韓関係の法的基盤が根本から損なわれたことを日本として非常に重く見ている」と述べ、日本企業に不利益が生じないよう重ねて韓国政府による早期の対応を求めた。会談後、外務省で記者団の取材に応じた。

 河野氏は「法的基盤が損なわれれば日韓関係に影響が出ないことはない」との懸念も伝えた。韓国政府は関係省庁や民間専門家らと対応策を検討する方針を示しており、河野氏は「韓国政府の対応を待ちたい」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ