河野外相、韓国徴用工判決を批判「国際社会への挑戦だ」

 河野太郎外相は4日、群馬県高崎市で開かれた自民党議員の会合で講演し、日本企業に賠償を命じた韓国人元徴用工訴訟判決について「国際法をひっくり返すような話で、国際社会に対する挑戦だ」と重ねて批判した。同時に「韓国政府がきちんと対応しなければいけない問題だ」と述べ、韓国側で解決するよう求めた。

 北朝鮮の非核化に関する米朝の交渉をめぐり、朝鮮戦争の終戦宣言を非核化措置に先行させるべきではないとの見解も示した。先行に反対かと問われ「その通りだ。戦争が終わったとなると(韓国などに駐留する)米軍がいらないという話になるのは目に見えている」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ