領土議連、竹島上陸の韓国議員へ公開質問状

 超党派の「日本の領土を守るため行動する議員連盟」の新藤義孝会長(自民党)は6日、国会内で記者会見し、10月22日に竹島(島根県隠岐の島町)に上陸した韓国の国会議員13人に対し送付する公開質問状を公表した。韓国側が竹島を領土の一部だと主張する根拠など5項目について回答を求める。

 質問は、「竹島は地理的に(韓国領の)鬱(ウル)陵(ルン)島(ド)の一部として認識されてきた」と主張する根拠は何か▽韓国領土であると証明する文献は何か▽日韓両国の国会議員が問題を話し合う連絡機関の設置を提案するが、同意するか-など。一両日中にも送付する。

 平成28年8月に韓国の国会議員が竹島に上陸した際も同議連は公開質問状を送付したが、誰一人回答がないという。新藤氏は記者会見で「政府間で正式な議論の場を作れないなら、国会議員同士で作ろうと提案していきたい」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ