小池知事、自民都連への陳謝認める「言葉過ぎた」

 東京都の小池百合子知事は6日、自民党都連幹事長の高島直樹都議らと5日に行った会談の中で、都知事選や都議選などで行った一連の都連批判を陳謝したことを認め、「選挙戦ということもあり、言葉が過ぎた部分があったと申し上げたことは事実」と述べた。報道陣の取材に応えた。

 会談の狙いについては、政府が導入を目指す地方法人税の一部を地方に再分配する税制改正への反対や、2020年東京五輪・パラリンピックの準備のためには自民都連との連携が欠かせないとの立場を強調。特に税制改正は都の大幅減収につながることもあり、「オール東京で協調してやっていきたいと申し入れ、お願いした」と説明した。

 小池氏と自民都連は、平成28年の都知事選以来、対立関係が続いており、5日に行われた高島氏との会談には、小池氏と関係が近い自民党の二階俊博幹事長らも同席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ