菅官房長官「判決確定で韓国は国際法違反」 徴用工判決で対日批判に重ねて表明

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は7日午前の記者会見で、日本企業に元徴用工への損害賠償を認めた韓国最高裁判決で、判決を批判する日本側に韓国側が遺憾の意を表明したことについて「今回の判決は日韓請求権協定に明らかに違反し、遺憾だ」との認識を重ねて示した。

 また、長嶺安政駐韓大使が韓国外務省の趙顕(チョヒョン)第1次官と会談したことも明らかにした。判決をめぐる協議を行ったとみられるが、菅氏は「日韓関係について意見交換を行った。内容は外交上のやり取りのため控える」と述べるにとどめた。

 菅氏は判決をめぐり、協定が「司法府も含め当事国全体を拘束するものだ」と指摘し「最高裁判決の確定時点で韓国の国際法違反の状態が生じている」と強調。日本政府は「韓国政府に国際法違反の状態の是正を含め適切な措置を求めている」と説明した。

 その上で、「韓国政府がどのような対応を講じるか見極めている」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ