桜田五輪相が国会質問の事前通告めぐる発言を撤回

 桜田義孝五輪相は9日午前の記者会見で、参院予算委員会でちぐはぐな答弁をしたのは質問の事前通告がなかったためだとした発言を撤回した。「通告が全くなかったと申し上げたのは事実と若干違うので撤回する」と述べた。謝罪はしなかった。

 自身の発言について「質問通告に具体的な内容がなかった。問い合わせ不可とされたため、役所も十分に内容を問い合わせできなかったのではないか」と説明。今後の審議に関しては「丁寧な国会答弁ができるよう情報収集についても(野党に)協力をいただきながら進めたい」とした。

 桜田氏は6日の記者会見で「通告なしで質問する方がいた」と発言した。7日の参院予算委理事会で野党側は発言の撤回と謝罪を要求。与党側は「通告はあった」と回答し、政府に対応を求めていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ