自民・下村博文改憲推進本部長「改憲議論しないのは国会議員の職場放棄」

 自民党の下村博文憲法改正推進本部長は9日のTBSのCS番組収録で、「(衆参両院の)憲法審査会で憲法改正について率直な議論をすることさえしないのは、国会議員の職場放棄ではないか」と述べ、憲法審開催に応じようとしない立憲民主党などに苦言を呈した。

 また、憲法改正の国民投票時に賛否両派が流すテレビCMの規制について、国民民主党が独自の規制案をまとめたことなどを踏まえ「われわれもニュートラル(中間的)に対応する」と語り、他党に歩み寄る可能性を示唆した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ