立憲民主・枝野代表、安倍首相の母校・成蹊大で講演

 立憲民主党の枝野幸男代表は25日、安倍晋三首相の母校である成蹊大(東京都武蔵野市)で講演し、インターネットでも生中継された。枝野氏の大学学園祭での講演は今年4回目で、来年の統一地方選や参院選を見据えて若年層に支持を広げる狙いがありそうだ。

 枝野氏は冒頭、「成蹊大は私の頭の上がらない立派な卒業生を出している」と切り出した。首相を意識にした挑発的な発言と受け止められたが、「妻が成蹊大の卒業生だ」と明かすと、会場から笑いが起こった。

 枝野氏は「日本を代表する輸出企業が過去最高の利益を出しても国内に行き渡らない」などとアベノミクスを批判し、「介護士と保育士の給与引き上げが最優先の景気対策だ」との持論を展開した。

 講演は当初、報道陣にも公開される予定だったが、大学側の要請で取材許可が取り消された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ