国民、参院埼玉に元官僚擁立決定

 国民民主党埼玉県連は15日の常任幹事会で、来年夏の参院選埼玉選挙区(改選数4)に、元経済産業省職員の新人、宍戸千絵氏(41)を擁立することを決めた。19日に党本部が公認する見通し。

 県連の大島敦代表代行は「良い候補者を選べた。女性ならではの視点で、国や埼玉県の課題に対する政策をアピールしてほしい」と話した。

 宍戸氏は製品評価技術基盤機構(NITE)や経産省の職員を経て、現在は民間企業に勤務。昨年10月の衆院選では、東京11区から旧希望の党公認で出馬し、落選した。

 埼玉選挙区は公選法改正で定数が2増し、来夏の改選数が3から4になる。自民、公明両党はいずれも現職を公認。立憲民主、共産両党も新人を擁立する。希望の党現職も改選を迎える。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ