河野太郎外相が質問無視「改める」とHPで陳謝

 河野太郎外相は15日、日露平和条約締結交渉に関する質問を繰り返し無視した11日の記者会見での対応について自身のホームページで「おわびして改める」と陳謝した。

 河野氏は、北方領土をロシア領と認めるよう求めた同国のラブロフ外相の発言に関連した4つの質問に対して「次の質問どうぞ」と述べ、回答を拒否した。ホームページで「せめて、いつものように『お答えは差し控える』と答えるべきだった」と表明した。

 対応理由について、外交史料の公開などに関する発表事項があった事情を挙げ「答えられない日露交渉に関する質問で限られた会見の時間がつぶれてしまうよりも、そうした(発表事項に関する)質問に時間をかけて答えたいと思ったこともある。反省している」と釈明。「交渉に影響が出かねないことについて発言は差し控えていることをご理解いただきたい」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ