立民・福山幹事長「非常に問題」 防衛大綱閣議決定で

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は18日、同日に閣議決定した新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」に護衛艦「いずも」の空母化改修が盛り込まれたことに関し、「専守防衛という安全保障上の国是を逸脱する可能性があることは非常に問題がある」と批判した。国会内で記者団に述べた。

 福山氏は「安倍政権は何でも力尽くで、日本のこれまでの先人が積み上げてきた憲法解釈、日本の安全保障政策をなし崩しにしてきた経緯がある。今回も『空母は持てない』という政府見解を覆そうとしている。国民にきっちり説明してもらわなければ納得できない」とも語り、国会での閉会中審査を求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ