いずも空母化、F35B導入…防衛大綱に中韓が震撼、猛反発

 日本政府が、厳しさを増す安全保障環境に対応するため、新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」などを閣議決定したことに、中国と韓国が内政干渉まがいの言いがかりをつけてきた。だが、中国の習近平政権こそ軍事的覇権を強めており、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は、「核・ミサイル」を手放さない北朝鮮に盲従し、地域を不安定にしている。日本が「国民と国家を守る」と決意したことに脅えているのか。

 「中国の正常な国防建設と軍事活動に対し、あれこれ言い、事実ではない批判を行って、中国の脅威を扇動している」

 中国外務省の華春瑩報道官は18日の記者会見でこう述べ、同日に日本政府が閣議決定した防衛大綱に「強烈な不満と反対」の意を表明した。

 さらに、華氏は、海上自衛隊護衛艦「いずも」型の事実上の空母化について、「日本は専守防衛の政策を堅守し、軍事・安保分野で慎重に行動しなければならない」と注文を付けた。

 中国こそ、空母や潜水艦を続々と建造し、沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海や南シナ海の支配に乗り出しておきながら、チャンチャラおかしい。

 韓国の「反日」にもあきれる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ