防衛費は5兆2574億円 過去最高 31年度予算案

 21日に閣議決定した平成31年度予算案の防衛費は、前年度比1・3%増の5兆2574億円(在日米軍再編関連経費などを含む)を計上し、7年連続の増額で過去最高となった。「いずも」型護衛艦の空母化改修に向けた調査研究費(7千万円)や、地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の取得費(1757億円)などを盛り込んだ。

 最新鋭ステルス戦闘機F35Aを6機(681億円)取得する。早期警戒機E2Dは9機(1940億円)をまとめて購入する。周辺海域の警戒監視を強化するため、護衛艦2隻(951億円)を建造。海中を自動航行して情報収集する水中ドローン(無人潜水機)の研究(42億円)も進める。

 イージス・アショアなどに搭載する新型の迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の取得に303億円を計上した。敵基地攻撃にも使える長射程のスタンドオフミサイル(79億円)を調達し、島嶼(とうしょ)間射撃が可能な高速滑空弾(139億円)やマッハ5以上の「極超音速」で飛行する誘導弾(58億円)の研究も行う。

 一方、30年度第2次補正予算案には3998億円を計上。F35Aの取得や自衛隊員の勤務環境改善に向けた費用などを盛り込んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ