マティス氏辞任 菅長官「日米同盟強化に尽力」、岩屋防衛相「日米連携でリーダーシップ」

 マティス米国防長官が来年2月末に辞任することについて、菅(すが)義(よし)偉(ひで)官房長官は21日午前の記者会見で「外国政府の人事にコメントすることは控えたい」とした上で「日米同盟の抑止力・対処力の強化、インド太平洋地域と国際社会の平和と安定に尽力してきた」とこれまでの功績をたたえた。

 マティス氏はトランプ米政権の発足当初から務めていた数少ない閣僚で、日本をはじめ同盟国の信頼も厚かった。菅氏は「貢献に感謝し、来年2月末までの任期の間、引き続き緊密に連携してきたい」とも語った。

 岩屋毅防衛相は「少し驚いた。日米が緊密な連携を図る上で、力強いリーダーシップを発揮していただいた」と謝意を示した。「任期の限り、緊密に連携したい」とも強調した。

 辞任による日米同盟や東アジア情勢への影響は「まだ在任中なのでコメントは控えたい」とした上で「マティス氏が努力したように、同盟国と連携していく方針は受け継がれると期待している」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ