岩屋防衛相、馬毛島買収「ほぼ合意」

 岩屋毅防衛相は13日、米軍空母艦載機による陸上空母離着陸訓練(FCLP)の移転候補地とする鹿児島県西之表市・馬毛(まげ)島の買収をめぐり、政府と土地所有者が「おおむね合意に至った」との認識を示した。その上で「本契約を締結できるよう引き続き協議したい」と述べた。視察先の千葉県八千代市で記者団に語った。

 岩屋氏は訓練移転に関し「地元の理解が不可欠だ。これから丁寧に説明したい」と強調した。地元では移転に慎重な声も出ている。

 政府は土地所有者との間で、合意内容を確認する文書を既に取り交わしている。平成30年度内にも正式な売買契約を結ぶ方向で、金額は160億円程度となる見通し。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ