竹島関連の古文書、島根に寄贈 江戸時代の日本人のアシカ猟など記述

 島根県は15日、同県竹島(韓国名・独島)で江戸時代から日本人が漁をしていたとされる古文書を含む「大谷家文書」553点を昨年7月、大谷家の関係者から寄贈されたと明らかにした。松江市で会見した県竹島問題研究会の下條正男座長(拓殖大教授)は「資料を読み解いていくことで、あらためて日本海での漁業活動や当時の生活が明らかにできる」と話した。

 県などによると、大谷家は現在の鳥取県米子市にあった商家。文書は江戸~明治時代のもので1950年代に外務省が調査し、研究者の間では存在が知られていた。県公文書センター収蔵庫で保管し、竹島問題研究会で活用する。

 文書には竹島でアワビが採れたことを示す「竹島松島産干鮑」との記述や、竹島でアシカ猟をして油を取ったとの記述があった。竹島を目印や停泊地としていたことを裏付ける鬱陵島への往来手形や、旗本が幕府に竹島まで行けるようお願いしたとする書状なども含まれている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ