イージス・アショア配備、秋田でレーダー使い実測調査実施へ 防衛省

 地上配備型の弾道ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の配備候補地となっている、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場をめぐり、防衛省は28日、対空レーダーを使った実測調査を行う方針を明らかにした。東北防衛局の伊藤茂樹局長が同日、秋田市の穂積志市長と面会して伝えた。

 調査は、陸上自衛隊が保有する対空ミサイルシステムのレーダーから電波を放射し、その強度を測定するもの。2月下旬から3月上旬の4日間に渡って新屋演習場で行い、結果を後日、公表する。実際にイージスに搭載されるレーダーとは異なり、防衛省側は「あくまで安全性を補足するために行う」と説明している。

 調査は秋田市の要請に基づき実施が決まった。穂積市長は「(防衛省側に)半歩、寄り添っていただけたように思う。調査は公開で行ってほしい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ