米朝首脳会談 自民・岸田文雄政調会長「非核化の進展期待」

 自民党の岸田文雄政調会長は6日、米朝首脳会談が27、28両日にベトナムで開催されると決まったことについて、「朝鮮半島の安定という観点から大変重要な取り組みだ。物事が非核化に向けて動くように期待したい」と述べた。

 首脳会談は昨年6月以来となるが、岸田氏は「非核化という観点から見た場合、現実は動いているとは思えない」と指摘した。そのうえで、「非核化が進まない中、制裁が緩和されることはあってはならない。(米韓など)関係国にあるべき姿について申し入れ、クギを刺すことは大事だ」と強調した。

 地方で視察や意見交換を行う地方政調会のために訪れた群馬県川場村で記者団の取材に応じた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ