自民党大会 公明・山口代表 統一選、参院選の勝利期す

 公明党の山口那津男代表は10日午前、東京都内で開かれた自民党大会であいさつし、「統一地方選と参院選を勝ち抜き、政権安定の基盤をつくり出していかなければならない」と述べ、両選挙での自公の選挙協力を推し進めていく考えを強調した。

 山口氏は、今年で公明党の連立政権参加から20年になることに言及し「野に下ったときもあったが、互いに風雪に耐えた期間が貴重だった」と振り返った。

 児童虐待の問題や、厚生労働省の統計不正問題にも触れ「真剣に取り組み、国民の安心をつくり出していかなければならない」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ