立民・枝野氏、政権構想着手へ「野党第一党の責任」

 立憲民主党の枝野幸男代表は10日、次期衆院選で与党を過半数割れに追い込んで野党連立政権を樹立するため、政権構想の作業に着手する考えを示した。長崎県諫早市での党会合で「連立政権をつくる場合、野党第一党の党首として責任がある。今から着々と準備を進めたい」と語った。

 同時に「野党各党に違いはあるが、例えば(衆院議員任期の)4年間で『憲法は変えない』という旗を立てる」と表明。「これに賛同してもらえる人が過半数を占めれば、枝野政権ができることを衆院解散前後に掲げるつもりだ」と述べた。

 立民は野党の合流には否定的。ただ自民党内で夏の参院選に合わせた衆参同日選論がくすぶる中、野党協力によって自公政権とは別の選択肢をアピールする狙いがあるとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ