自民、児相の体制整備求める 女児死亡事件受け

 千葉県野田市の小4女児死亡事件を受け、自民党は12日、文部科学部会や厚生労働部会などの合同会議を開いた。出席者からは、児童相談所の体制整備を求める考えなどが示された。

 馳浩元文科相は「やるべきことがなぜできなかったのかという反省がある。関係機関の連携を踏み込んでやっていく姿勢を示すべきだ」と述べた。会議では、中核市による児相設置や児童福祉司の増員を求める意見のほか、「学校側が虐待の可能性を把握した時点で警察に相談すべきだった」などの指摘があった。

 関係省庁からも事実関係を確認。女児が家庭での暴力被害を訴えた学校アンケートを市教育委員会が父親に渡したことについては、文科省が市の個人情報保護条例に照らして不適切だった可能性があると報告した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ