北のミサイル施設「平素から重大な関心持ち情報収集」と菅長官

 菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、北朝鮮でミサイル施設再建の動きがあるとの情報が出ていることについて「北朝鮮の核、ミサイルの開発動向には重大な関心を持って平素から情報収集、分析に努めている」としつつ、「具体的な内容や分析については事柄の性質上(コメントを)控える」と述べた。

 米国拠点の北朝鮮分析サイト「38ノース」は北西部東倉里(トンチャンリ)の「西海(ソヘ)衛星発射場」の再建が進められているとの衛星写真に基づく分析を発表。韓国紙の朝鮮日報によると、韓国の情報機関、国家情報院も東倉里の一部施設で扉や柱を取り付けるなどの復旧の動きがあると明らかにしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ