秋田知事、地上イージス配備めぐり防衛省に要請

 秋田県の佐竹敬久知事は26日、防衛省を訪れ、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の同県への配備計画を強引に進めないよう要請するため、原田憲治防衛副大臣と会談した。安全性をめぐる住民の不安の払拭が欠かせないとして、丁寧な対応が必要だと訴える考えだ。

 佐竹氏は会談で、周辺の安全対策が必要不可欠との認識を示した上で「今までの装備品とは異なる。思いを受け止めてほしい」と訴えた。防衛省側は、現在実施中のレーダーが発する電波の影響調査について説明した上で、配備方針に改めて理解を求めるとみられる。

 イージス・アショアをめぐっては、配備候補地の陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)とむつみ演習場(山口県萩市、阿武町)で、イージス・アショアと同じ周波数帯の電波を出すレーダーを用いて影響調査を行っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ